電話する

086-465-4630

〒710-0803 岡山県倉敷市中島827-1

診療時間
9:00 - 12:30
14:00 - 18:00

お知らせ

2020.06.13 当院での感染対策② …

虫歯治療

虫歯治療Decayed

どうして虫歯になるの?

虫歯

お口の中にはたくさんの細菌が存在します。虫歯の原因となるのは「ミュータンス菌」という細菌です。

ミュータンス菌は糖分が口腔内にあると活発に働いて歯垢(プラーク)を作ります。そして歯垢の中で酸を作ります。

この酸が歯を溶かし続けることを脱灰と言います。この作用が続くと虫歯になってしまいます。しかしお口の中には唾液という優れた強い味方がいます。

唾液は虫歯菌によって作り出された酸を中和し、脱灰された歯を修復する役割があります。これを再石灰化といいます。虫歯ができないお口の中は、脱灰と再石灰化のバランスが取れている状態です。しかしこのバランスが崩れると脱灰が優位に働いて歯が溶けて虫歯になってしまうのです。

虫歯治療について

虫歯は、患者さんの気がつかない間に進行していきます。虫歯の進行により、5段階に分類されます。

歯が溶けて黒くなったり、穴が開いてしまった場合は、虫歯を取り除き、詰め物やかぶせ物をして治療していきます。初期であれば、削ったりせず、フッ素塗布やブラッシングによる予防で進行を防ぐことができます。

歯根まで虫歯が進行している場合は、根管治療が必要になります。なお、進行状況により、治療が変わりますので、一本でも大切な歯を失うことがないように定期検診を受け、再発を予防しましょう。

虫歯の進行
Googlemapを見る

ページトップ